オモマン

40000冊読んだマンガソムリエ鳥本明が面白い漫画や漫画情報、うつ病のことなどを紹介するブログです!

つながり作り2つやっています!

うつ病の苦しみを減らすヒーロー「うつ病減らスンジャー」

うつ病さんのパートナーのための支え合いサロン

冒険王ビィト 13巻 三条陸 稲田浩司 のネタバレ・あらすじ・感想  久しぶりの新刊!! ついにバロン卿との決戦がクライマックス!! ダイ大好きは必読です!

ハイサイ!!鳥本アキラ鳥本アキラ@統合失調症ブロガー (@akiratorimoto) | Twitterです!

【目次】

今回は

冒険王ビィト  13巻  三条陸 稲田浩司

のネタバレ・あらすじ・感想を書いていきたいと思います。

 

 

あらすじ

 

 突如地上に現れた魔人(ヴァンデル)が魔物(モンスター)を操り、人々を苦しめ続ける「暗黒の世紀」と呼ばれる時代。辺境の地アンクルスの里で育った正義を信じる少年ビィトは、魔人を退治する職業「ヴァンデルバスター(バスター)」の中でも大陸最強といわれる「ゼノン戦士団」に入ることを夢見て、周囲の反対も聞かず勝手にバスターの契約を済ませる。それからほどなくして、より人間を苦しめた魔人に与えられる「星」ひとつが懸けられたゼノン戦士団の首を狙い、五ッ星の強豪魔人ベルトーゼが姿を現す。両者の戦いを目撃したビィトは優勢の戦士団リーダー、ゼノンに声援を送るが、そのためにベルトーゼに捕まって致命傷を負わされ、ビィトを救うために陣形を崩した戦士団の5人も攻撃を受け壊滅状態となる。5人は、バスターの力の源である天力を極めた末に生成できる究極の武器「才牙(サイガ)」に残りわずかの生命力を込めてビィトに託すと、ゼノンがビィトの実兄であることを明かし、最後の力でベルトーゼに立ち向かう。ゼノンたちは戦いの果てに行方不明となり、ビィトは自分の無力さに打ちひしがれて号泣し、強くなって自らの手で暗黒の世紀を終わらせる決意を固める。それから3年後、修行の末にたくましく成長したビィトの冒険が始まる。冒険王ビィト - Wikipedia

 

 

感想

 

連載中断してたビィトの最新刊です。

最強の魔人バロン卿とのクライマックスです。

ビィトに新しい力が宿ります。これがかっこいいです。

そして、ドラクエで新しい呪文覚えたときのような高ぶりを感じます。

一旦、物語に一段落ついたので次巻からどんな展開になるか楽しみです。

原作と作画がダイの大冒険のコンビなので、ダイ大好きは好きだと思いますよ。

 

 

 

 

「冒険王ビィト」が試し読みできるサイト

 

わたしが愛用してるコミックサイトはあつかってる種類も多く、ほぼ全てに数十ページ試し読み、5巻無料で読めたりするので是非おすすめしたいです。

 

⇒ まんが王国|無料漫画・電子コミックが2500作品以上!

 ※今年で11周年の老舗サイトなので安心してご利用できます。

 

 

 

 

 

 

「冒険王ビィト 13巻」が簡単に無料で読める方法

 

FODプレミアムというフジテレビが運営する動画配信サイトで、ただいま無料キャンペーンに参加で、電子書籍に使えるポイントが、1300ポイント(1404円分)ゲットできます!

 

⇒ FODプレミアムで1404円分ポイントゲットする!

 ※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!