まだひとりで戦ってるの?

「うつ病減らスンジャー」 発起人、「まるまるゆいま~る」アドバイザーの 鳥本明のブログです。

仲間を作ろう!

うつ病は仲間で戦おう!

うつ病減らスンジャーになる

うつ病さんのパートナーこそ仲間を作ろう!

うつ病さんのパートナーのための支え合いサロンに参加する

まずはここチェック !

鳥本明のプロフィール

精神病 サポーター 健常者 それぞれへのメッセージ

おすすめの働き方

逃げ恥ロスしてるから、漫画 逃げるは恥だが役に立つの最新巻8巻を読んでみた ネタバレ・あらすじ・感想と今後の予想 逃げ恥ロスにはKiss購読と単行本をお勧めします!!

広告

ハイサイ!!鳥本アキラ鳥本アキラ@統合失調症ブロガー (@akiratorimoto) | Twitterです!

 

【目次】

 

今回は

逃げるは恥だが役に立つ 8巻 海野つなみ

のあらすじ・感想を、ネタバレありで書いていきたいと思います。

 

 

あらすじ

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりは、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が折りよく代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、週1回の仕事を取り付けてくる。

気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は契約結婚という道を選ぶ。

逃げるは恥だが役に立つ - Wikipedia

 

 

 

8巻のあらすじ

 不意に流れた涙によって、いい飲み友達だった百合と風見の関係に変化が起きる。

友人の八百屋を手伝っていたみくりに、青空市の手伝いの仕事が舞い込む。

青空市は成功を収め、それを実績としてまとめて就職活動をしようとするみくり。

 

 

 

 

 

感想

 

ドラマからの最新巻になりましたが、特に違和感なく読めました。(なぜか、みくりが百合の部屋に居候してたけど)

 

漫画もドラマと変わらず、ムズキュンしますね!

 

小ネタですが、日野夫婦のポイント制なところと、「会社違ってもまた遊び誘うからね~」ってのでほっこりしました。

 

ドラマがなくなって、逃げ恥ロスしてる人はKiss購読したり、漫画を買うといいと思いますよ!

 

 

このセリフにシビれた!!

 

 小賢しい? それって相手を馬鹿にする言葉ですよね

僕はみくりさんを馬鹿にしたことはないです

 

 

今後の予想

みくりが就職したとしての、二人の関係がどうなるか?ですね。ドラマでは、家事分担をして最後にはみくりが余裕なくなっていたので、漫画でもその描写があるかもしれないですね!