鳥本明のブログ

40000冊以上読んだマンガソムリエ・うつ病減らスンジャーキャプテンの鳥本明が、面白いマンガや思ったこと(考えたこと)を書くブログです。

本当にうつ病快復に効果あったことはこれだけです!

時間を売買、取引所「タイムバンク」の具体的な使い方・稼ぎ方とは?

f:id:torimotoakira:20170725173727p:image

どうも!!鳥本アキラ(@akiratorimoto)です!

 

今回は

時間取引所「タイムバンク」

について書いていきたいと思います。

 

下記目次をクリックすることで、そこまでスライドします。

 

【目次】

 

 

 

初秋にリリース予定のタイムバンクとは?

 

ツイッターでブロガーの皆さんが話題にしてたので、書いていきたいと思います。

 

気になるのは何が出来るのか? ですよね。

引用したほうが早いので引用します。

 

 

タイムバンクは、技術者、経営者、アスリート、歌手等、「専門家」と呼ばれる方々の空いている時間を、一般の「消費者」が購入、使用、売却、保有する事ができる「時間」の取引所になります。
 タイムバンクにおいて、「専門家」は自分が最も価値を発揮できる用途で「時間」を売り出すことができ、「消費者」は主に以下の4つのことが実現可能です。

1)時間を買う:興味のある専門家が発行(販売)する時間を購入できます。
2)時間を使う:購入した時間は指定された用途で使用することができます。
3)時間を売る:買ったけど使わない時間は欲しい人に売ることができます。
4)時間を持つ:時間発行者を長期的に応援したい場合は時間を持ち続けることもできます。

 

時間をリアルタイムに売買できる時間取引所「タイムバンク」の 開設に向け、時間の発行者(販売者)の事前募集を開始

 

 

 

 

 

 

具体的な使用例

 

なかなか面白いサービスだと思いませんか?

イメージつかない人もいると思うので、具体的に何に使えるのか? も引用しておきます。

 

 

 消費者が購入した「時間」の用途の例としては、相談・コンサルティングの依頼、講演・取材・登壇への参加、ランチ・ディナーへの招待、ライブイベントやサロンへの招待など、時間を発行した「専門家」の得意なことに合わせて設定することができます。また、時間を購入して使わずに保有し続ける「タイムオーナー」という選択肢もあります。時間の発行者(販売者)は、販売した時間の収益を原資に自分の時間価値を高める活動に専念することができ、購入者(消費者)は、時間発行者の活動を間接的に支援することができます。保有している時間はいつでも欲しい人に市場価格で譲ることもできます。

時間をリアルタイムに売買できる時間取引所「タイムバンク」の 開設に向け、時間の発行者(販売者)の事前募集を開始

 

 

 

 

 

 

注目はタイムオーナーという選択

 

引用に書いていますが、投資的に面白いのが、使わずに保有しておくタイムオーナーという選択ですね。

 

現在事前募集中で、Facebook、Twitter、YouTube(Instagramは現在準備中)でアカウント連携をすると影響力を計算してスコアだして、それが一定以上だと申請できるようです。

 

ということは、予想ですが、このスコアによってその人の時間の値段が変わっていくのではないでしょうか?

 

つまり、最初にスコアの低い人を保有しておいて、その人のスコアが高まったら売りに出す、ということで利益が得られそうですね。

 

 

 

 

発信力がある人が稼ぎやすい世界

 

個人的に面白いと思うのが、これまで時間は誰しも平等である。と、されてきた世界に、まったく違う【誰もの時間の値段は違う】とハッキリ定義するところです。

 

ここで大事なのは、スコアの計算からわかるように、発信力がある人が稼ぎやすいというところです。

 

あなたがもし何もやってないようなら、バブル前に不動産や株を買わなかった以上の機会損失が待ってますよ。

 

時代は変わっています。貨幣経済から評価経済にシフトしているのかもしれないです。

経済を選ぶ時代もすぐそこまで来てるかもしれない。

あなた自身を発信して新しい経済に乗りましょう!

 

 

事前募集はこちらから

影響力スコア診断|Timebank(タイムバンク)

 

  

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。鳥本アキラでした!。。!

 

※最新記事情報を知りたい方は下のリンクをクリックしてツイッターをフォローしてください!

 

鳥本アキラ(@akiratorimoto) | Twitter