まだひとりで戦ってるの?

「うつ病減らスンジャー」 発起人、「まるまるゆいま~る」アドバイザーの 鳥本明のブログです。

仲間を作ろう!

うつ病は仲間で戦おう!

うつ病減らスンジャーになる

うつ病さんのパートナーこそ仲間を作ろう!

うつ病さんのパートナーのための支え合いサロンに参加する

まずはここチェック !

鳥本明のプロフィール

精神病 サポーター 健常者 それぞれへのメッセージ

おすすめの働き方

不安や恐れの声をきく

広告

f:id:torimotoakira:20170803182957p:image

どうも!!鳥本アキラ(@akiratorimoto)です!

 

今回は

不安や恐れの声をきく

について書いていきたいと思います。

 

下記目次をクリックすることで、そこまでスライドします。

 

【目次】

 

 

 

※閲覧注意

 

※今回の記事は、うつ病の人は要注意です。

うつがひどい人は読まずに、他の記事読んでください。

 

読んでほしい対象の人は、うつが軽くてやる気が充実してきた人です。 

 

 

 

 

たまには、不安や恐れの声をきこう

 

うつな人は、不安や恐れという感情を悪いことだと考えてると思います。

実際、わたしもそうでした。

 

でも、そうでしょうか?

 

不安や恐れはマイナスに感じるかもしれないですが、問題提起してくれるお客様の声のようなもので、その問題を解決できたらプラスになるのです!

 

 

 

 

 

お客様の声から業務改善

 

自分の心ってのは、自分が考えてるより自分のことをよく知っている存在です。

 

ゆうなれば、一番のファンです。

そのファンが声を上げてるのだから、取り上げる価値はあると思います。

 

ちょうど、お客様の声から業務改善するイメージです。

 

 

 

 

 

例をあげると

 

わたしの場合は

 

「仕事どうしよう?」「人と会うのが怖い」

「親戚付き合いがツライ」

 

などの声がありました。

 

それぞれどう対応したか書きます。

 

「仕事どうしよう?」=「ブログ始めた」

「人と会うのが怖い」=「電話してみた」

「親戚付き合いがツライ」=「親戚付き合いやめた」

 

こんな感じで、自分なりに答えを出せると楽になりますよ!

 

以上、たまには不安や恐れの声をきいてみよう!の提案でした。 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。鳥本アキラでした!。。!

 

※最新記事情報を知りたい方は下のリンクをクリックしてツイッターをフォローしてください!

 

鳥本アキラ(@akiratorimoto) | Twitter