まだひとりで戦ってるの?

「うつ病減らスンジャー」 発起人、「まるまるゆいま~る」アドバイザーの 鳥本明のブログです。

仲間を作ろう!

うつ病は仲間で戦おう!

うつ病減らスンジャーになる

うつ病さんのパートナーこそ仲間を作ろう!

うつ病さんのパートナーのための支え合いサロンに参加する

まずはここチェック !

鳥本明のプロフィール

精神病 サポーター 健常者 それぞれへのメッセージ

おすすめの働き方

障害年金(月6万5千円)を貰ってるわたしが思う、ベーシックインカム制度について

広告

f:id:torimotoakira:20160721112606p:plain

ベーシックインカムについて障害年金者のわたしが思うこと

どうも!!鳥本アキラ(@akiratorimoto)です!

 

ベーシックインカム制度って実際できたとして、人間はどうなるのか?について障害年金というインカム(収入)があるわたしが書いてみました!

 

今回は

障害年金(月6万5千円)を貰ってるわたしが思う、ベーシックインカム制度について

について書いていきたいと思います。

 

下記目次をクリックすることで、そこまでスライドします。

 

【目次】

 

 

 

障害年金は非常にありがたい

 

まず感謝したいのは障害年金という制度を支えてくれている、年金を納めているみなさまへです。

 

ありがとうございます。

 

お陰様で、普通の暮らしをさせてもらっています。

年金が無かったときは、お金が減っていく恐怖が病気を悪化させていました。

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ベーシックインカム制度と障害年金

 

誰でもみんなにあげるというところと、年金を払っていて特定の条件を満たしたものが受け取れる(年齢や障害など)というところで、大きく違うと思いますが、安定して働かずにお金が振り込まれるという点でよく似てる制度だと思います。

 

 

 

 

  

わたしの場合

 

わたしの場合は、

 

  • 障害年金を初めて受けたときは、寝る時間がほとんどだったのであまり感動しない
  • 少し外食など使えるようになり、ありがたみを感じるがこれじゃ足りないとあせる→A型就職
  • 現在はとてもありがたみを感じていて、このおかげで働かずにいる時間を他人のために何かしたいと思っている

 

まとめると、

①ニート・②これじゃ足りない→働く・③感謝からの社会活動

です。

 

 

ベーシックインカムが始まると、この3つのどれかに当てはまる人がほとんどだと思います。

 

言いたかったのは、ベーシックインカムが実現されるとより人間らしい生活ができるということです。

 

わたしはこれから②と③に関連する、本を書くということをしたいと思っています。

 

ここまで快復できたのも、障害年金というベーシックインカムのような制度があったおかげなので、是非、制度が実現してほしいです!

 

関連記事

 

www.torimotoakira.com

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。鳥本アキラでした!。。!

 

 

※うつ病関連の相談をしたい人は気軽にツイッターDMかラインくださいね!

 

ツイッター  (@akiratorimoto) | Twitter

ライン@id(@kho0411a) 友だち追加