鳥本明のブログ

40000冊以上読んだマンガソムリエ・うつ病減らスンジャーキャプテンの鳥本明が、面白いマンガや思ったこと(考えたこと)を書くブログです。

本当にうつ病快復に効果あったことはこれだけです!

【映画考察】アベンジャーズ インフィニティーウォーのネタバレ・あらすじ・マンガソムリエの感想&今後の予想

アベンジャーズ (字幕版)

 

この記事では、映画 アベンジャーズ インフィニティーウォーをネタバレと感想を書いていきます。

注意※今回はネタバレ注意ですので、ネタバレありな人だけみてください。

 

 

  

【目次】

 

 

 

ネタバレ・あらすじ

 

 

 

宇宙誕生以前に存在した6つの特異点(重力が無限大にかかっている部分、つまり凄まじいエネルギーがある部分)が、大爆発によって宇宙が生まれた時に残骸となり、ひとつひとつが「空間(スペース)」「現実(リアリティ)」「時間(タイム)」「力(パワー)」「魂(ソウル)」そして「精神(マインド)」を司るエネルギーの結晶へと姿を変えた。それらはインフィニティ・ストーンと呼ばれた。もし6つすべてのストーンを手に入れることができれば、全能の力を得られ、指を鳴らすだけで全宇宙の半数の生命を消せる。

ラグナロクの発動によるアスガルド滅亡の直後、新天地として地球に向かっていたソー率いるアスガルドの民を乗せた宇宙船「ステイツマン」を何者かが襲撃した。それは宇宙で最も恐れられるタイタン人サノスの宇宙船「サンクチュアリII」だった。人口過多の宇宙のバランスを完全に保つためには、全生命の半分を消し去る必要がある。そう信じるサノスは、インフィニティ・ストーンを集めるべく行動を開始したのだ。この襲撃で、アスガルドの民たちの半分は全滅。サノスはソーを拷問し、彼らが持っているはずの物を要求した。兄の窮地に見かねた弟ロキは、サノスが欲する物――アスガルド崩壊に乗じて手中に収めていた「四次元キューブ」を見せる。その瞬間、ハルクがサノスを攻撃した。しかしサノスはハルクの猛攻に耐え、逆にハルクを打ちのめしてしまう。ハルクの敗北を受け、ソーの腹心ヘイムダルは最後の力を振り絞り、いくつもの世界を繋ぐ虹の橋・ビフレストの力でハルクを地球へとワープさせた。それは彼が、コーヴァス・グレイヴの槍を使ったサノスに殺される直前のことだった。ハルクがいなくなり、最早息も絶え絶えのソーを守るものはない。ロキはサノスに屈し、四次元キューブを差し出した。サノスをワナにハメるために。しかしそれも失敗に終わった。サノスは圧倒的な力をもって、神であるロキ相手に一切何もさせずロキを首を絞めて殺した。手にした四次元キューブを粉々に破壊し、中に収められている青色のインフィニティ・ストーンスペース・ストーンを左腕にはめた金色のグローブ、インフィニティ・ガントレットに埋め込む。ガントレットにはもう一つストーンが輝いていた。ザンダー星のノバ軍警察に保管されていたはずのパワー・ストーンである。ザンダー星を滅ぼして手に入れたその無限の力をもって、サノスは宇宙船ステイツマンを破壊した。死んだロキ、ヘイムダル、半分のアスガルドの民たち、そしてソーもろとも。

地球。マルチバースを守る魔術師スティーヴン・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)の元に、空から男が降って来た。ヘイムダルが命を賭けて転送したブルース・バナー博士である。サノスが2つのインフィニティ・ストーンの所在地である地球を狙っている。伝えられたこの危機に、アベンジャーズのリーダーであるトニー・スターク(アイアンマン)に接触し、ストーンの防衛を依頼する。しかし、既にアベンジャーズの内乱から続く苦難に直面していたトニーは、かつてのアベンジャーズのメンバーたちとの確執に悩んでおり、協力に消極的な態度を示す。そんな中、「Qシップ」とよばれるドーナツ状の宇宙船がニューヨーク上空に出現した。サノスの配下「ブラックオーダー」に所属する、戦略家にして闇魔術師エボニー・マウと用心棒にして怪力の巨漢カル・オブシディアンが、ストレンジの持つ「アガモットの目」に収められた時間を司るタイム・ストーンを狙い襲来したのである。ニューヨークを舞台に、タイム・ストーン防衛戦が展開される。バナー博士は変身してトニーたちに加勢しようとするが、ハルクが「ノー‼」と変身を拒否したために避難を余儀なくされる。ストレンジの盟友ウォンは激闘の末カル・オブシディアンの右手を切り落とし、北極に追放するが、アガモットの目に魔術を掛けストーンの防衛に当たっていたストレンジはエボニー・マウによって拉致されてしまう。クモの第六感・スパイダーセンスを発動させこの危機にいち早く気付いていたピーター・パーカー(スパイダーマン)は、トニーがヴェロニカから発射した新スーツを身に纏い、アイアン・スパイダーとなって逃走するQシップにしがみ付きブラックオーダーを追跡する。トニーもまた、Qシップに乗り込みストレンジの救出に乗り出す。

一方、宇宙。傷つきながらもサノスの襲撃から生き延び宇宙を漂っていたソーがピーター・クイル率いるはみ出し者集団ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーによって救助されていた。唯我独尊ながらも品の良さがにじみ出る態度と、容姿端麗で筋骨隆々なソーにガーディアンズのメンバーはすぐさま意気投合。その心酔ぶりにリーダーとしてプライドが傷つくクイルだったが、インフィニティ・ストーンにはかつて関わっており、特にサノスの養子であるガモーラがサノスの目的を知っていたことから、それを阻止すべく行動を開始する。クイル一行はストーンの在り処にして、かつて自分たちが訪ねたストーンの収集者タニリーア・ティヴァン(コレクター)の住む「惑星ノーウェア」を、ロケットと意気投合したソーは、グルートも加えて自身の新たなるハンマーを求め「惑星ニダベリア」を訪れることを決定。ガーディアンズは二手に分かれ、宇宙の危機に備えることになる。

そしてスコットランド。およそ三年前、人工知能ウルトロンが作り出したボディにアイアンマンのサポートに当たっていた人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャーヴィス)の思考プログラムを移植して生み出された存在・ヴィジョンは、自身の額に埋め込まれていた思考を司るマインド・ストーンが何かに反応していることを察知する。共に行動するワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)は、そんなヴィジョンを心配していた。テレビでニューヨークに現れた宇宙船の事とトニーが行方不明になっている事を知り、助けに行こうとするヴィジョンを凶刃が襲った。コーヴァス・グレイヴとプロキシマ・ミッドナイト。サノスの配下ブラックオーダーの二人は、ヴィジョンの額のストーンを狙い襲撃したのである。物質をすり抜けられるヴィジョンをたやすく傷つけるブラックオーダー。危機を救ったのは、アベンジャーズの内乱で指名手配されていたはずのスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)とナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)、サム・ウィルソン(ファルコン)だった。思わぬ援護によって難を逃れたヴィジョンは、スティーブに連れられ、トニーの親友ジェームズ・"ローディ"・ローズ(ウォーマシン)の下へ赴く。ローディはすでにバナー博士と接触しており、事態を把握していた。国連の協力を得られないことを知ったスティーブは、ワカンダ王国へ向かうことを決めた。

その頃、ストレンジはQシップ内でエボニー・マウに拷問を受けていた。ストレンジの意思を持った浮遊マントが、密航していたピーターとトニーに接触し、ストレンジ救出を決行する。ピーターの奇策「エイリアン2大作戦」を実行したトニーの手でエボニー・マウは宇宙空間へ放り出され、氷漬けになって死亡した。同じく宇宙空間へ吹き飛ばされかけていたストレンジをピーターが間一髪で救い出す。主を失ったQシップは、自動操縦で惑星タイタンへ向かっている。トニーは行き先でサノスを待ち伏せし、奇襲を掛けることを提案する。ストレンジは命よりストーン優先という条件付きでこれに同意、Qシップは惑星タイタンへ進み続ける。

ソーたちがたどり着いた惑星ニダベリアは、既に壊滅していた。サノスは彼らにインフィニティ・ストーンの力を最大限に発揮する手袋インフィニティ・ガントレットを作らせると、エイトリというドワーフひとりを残し、虐殺したのである。ソーは悲嘆にくれるエイトリを説得し、新たな武器を作る手助けを依頼する。ソーの力とエイトリの技術、そしてグルートが自らの腕を柄として提供し、ムジョルニアと同じ能力に加えビフレストの力をも得たアスガルド最強の武器・ストームブレイカーが完成した。

サノスに誘拐されたガモーラは、最後にして最も謎の多い魂を司る力を持つ石;ソウル・ストーンのある場所を知っていた。その地図は焼き払ったものの、サノスは彼女の義妹ネビュラを拷問することでついに吐かせることに成功する。その場所、惑星ヴォーミアへ向かうサノスとガモーラ。ネビュラは一瞬の隙をつき、チタウリの見張り番を倒しネクロクラフトで脱走、ガーディアンズの一人、マンティスに「いますぐタイタンへ向かって!」と連絡を取る。ヴォーミアには、意外な人物が待ち構えていた。73年前に起きたワルキューレの戦いで四次元キューブに触れ、どこかへ飛ばされたヒドラのリーダー;レッドスカル/ヨハン・シュミットである。ヴォーミアのストーンキーパーとなった彼は、サノスにこう告げる。「愛するものと引き換えにしなければ、ソウル・ストーンは手に入らない」。ガモーラは勝ち誇る。愛する人を持たないサノスには手に入れられない。しかし、サノスは苦しい表情を見せると、ガモーラの腕を掴む。彼女には、彼なりの愛情を注いでいたのである。ガモーラは慌ててナイフを使って自刃しようとするも、サノスはリアリティ・ストーンの力でナイフをシャボン玉に変えてそれを阻止し、崖の下へ彼女を放り出し、殺害した。彼の手には、ソウル・ストーンが握られていた。そして、彼の次なる行先は自身の故郷タイタン。タイム・ストーンの所在地である。

その頃惑星タイタンでは、着陸の衝撃でバラバラになったQシップを舞台に、トニー一行とガーディアンズが戦いを繰り広げていた。お互いの敵がサノスであることを知ると、彼らは協力し、打倒サノスの計画を練る。ストレンジがタイム・ストーンの力であらゆる未来を見る。1400万を超える可能性の中で、勝てる未来は、たった一つだけだった。4つのインフィニティ・ストーンを得たサノスがタイタンを訪れる。待ち構えるストレンジ、待ち伏せするトニーたち。かつてタイタンが置かれていた状況と、それを阻止できなかったがために究極の方法で宇宙のバランスを取ることを決意したと語るサノス。戦いがはじまる。ストレンジの魔術が、マンティスの能力が、サノスの動きを止める。宇宙の彼方からネクロクラフトで突撃したネビュラが飛び入りでヒーローに加勢し、アイアンマンとスパイダーマンがガントレットを奪おうとする。そんな中、アイアンマンの制止を振り切り、クイルは一人サノスに問う。「俺のガモーラはどこだ」。サノスは薄れゆく意識の中で「私が殺した」と答える。恐れていた状況が発生してしまった。クイルは不用意にサノスを攻撃し、マンティスが振り落とされ足止めが効かなくなる。サノスはパワー・ストーンとスペース・ストーンでタイタンの月を落とし、ヒーローたちを追い詰めていく。渾身の一撃がアイアンマンを貫き、ついに絶体絶命のピンチに陥る。そんな時、ストレンジは突如トニーの命乞いをした。タイム・ストーンと引き換えに、トニーを助けてほしい、と。交渉は成功した。トニーは辛うじて一命をとりとめた。しかし、ストレンジが命よりも大切であると語ったタイム・ストーンは、ついにサノスの手に渡ってしまった。勝てる未来への望みを繋げるためには、他に方法は残されていなかったのだ。

地球、ワカンダ。国王ティ・チャラ(ブラックパンサー)と妹シュリはヴィジョンたちを保護し、ストーンを切り離した後で破壊する方法を実行に移す。そしてスティーブはホワイトウルフの名を与えられたかつての友バッキー・バーンズと再会する。しかしそんな彼らの一時の休息をよそに、事態は非常に素早く進行していた。ブラックオーダーがワカンダへ襲来したのである。ワカンダを守るエネルギー・バリアを、アウトライダーズの命などお構いなしに突撃させてこじ開けようとするプロキシマ・ミッドナイトとコーヴァス・グレイヴ。背後に回り込まれる前に、正面での決着を目指すスティーブたちは、エネルギー・バリアの一部を解除し、そこを重点的に叩くことを決める。ワカンダ防衛軍とブラックオーダーの決戦が始まった。スティーブやバッキー、ティ・チャラが白兵戦でアウトライダーズの相手をする中、ビフレストの光が戦場を包む。ストームブレイカーを携えたソーがロケットとグルートと共に戦場に舞い降りる。ハルク化が上手くできないバナー博士はアイアンマンスーツ・ハルクバスター2を装着し右手に義手をしたカル・オブシディアンをバリアの上で爆散、ワンダはナターシャとオコエの協力でプロキシマ・ミッドナイトをスラッシャーでバラバラにし、そしてスティーブの加勢を受けたヴィジョンがコーヴァス・グレイヴを彼の槍で胸を貫いて、それぞれ倒した。

しかし、運命は無常にも訪れる。5つのインフィニティ・ストーンを左手のガントレットに宿し、サノスがワカンダに現れた。ヒーローたちが足止めに向かうが次々やられていく中、ワンダはヴィジョンの最後の願いを受け、彼もろともマインド・ストーンを葬り去る。しかしサノスは左手のタイム・ストーンでヴィジョンとマインド・ストーンの時を巻き戻し、再生させた。ヴィジョンの頭部を抉り壊し、ついにサノスは6つのインフィニティ・ストーンを手に入れた。雷鳴と共にソーがサノスの胸にストームブレイカーを突き立てる。しかしサノスはソーが頭部を攻撃しなかったことを嘲笑いながら、左手の指を鳴らした――。

ストーンの力を発揮し、ボロボロとなったガントレットと共にサノスはどこかへ去る。そしてキャップの名を呼ぶと共に最初に消えたのは、バッキーであった。次にティ・チャラが、ワンダが、サムが、そしてグルートがロケットの目の前でチリになって消えて行った。タイタンではマンティス、ドラックス、クイルが消える。そして「他に方法は無かった」というトニーへの謝罪と共にストレンジが、ピーターもトニーに助けを求めながら、消えた。「やってしまった」タイタンの地で、生き残ったトニーにネビュラが声を掛ける。ワカンダでは、スティーブたちが消えてしまった仲間たちの跡を静かに見据える。ただそれしかできなかった――。

ポスト・クレジット・シーン。マリア・ヒルとニック・フューリーの目の前で、街中の人々が次々と消えていく。程無くしてヒルも消え、緊急事態であることを悟ったフューリーはポケベルで誰かに信号を送るが、フューリー自身もまた静かに消え去っていく。残されたポケベルには、赤と青の星の紋章が表示され、物語の幕が閉じる。

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー - Wikipedia

 

 

 

 

マンガソムリエの感想

 

今回映画館で見たんですが、終わってから外人さんが「oh・・・。」って言ってました。

 

始まりから、ソーの星の国民がやられてるシーンで展開めちゃめちゃ早いし、ロキも殺されちゃうしでめっちゃドキドキしました。

 

最後の展開はなんとなく読めましたが(スパイダーマンは絶対いなくなると思いました。笑)実際に映像になると今まで全作品観てきた身としてはショックでした。

 

キン肉マンが超人って死ぬんだって知ったときくらいショックでした。

 

 

 

 

 

今後の予想

 

原作は三部作らしいのと、映画の最後がサノスは帰ってくる(?)だったので、もちろんこれで終わりではないです。

 

今後はアイアンマンを中心にサノスを倒す方向だと思います。

 

しかし、どうやって倒すのでしょうか?

 

  • 幻覚を見せる能力ヤバイ
  • 腕力ハルク以上
  • 時も戻せる
  • 指パッチンで世界の半数の存在を消す 

 

うーん、書いてみましたが、子供が考えた最強の敵って感じで強すぎますね!

 

 

過去に行ってサノスを救う

 

なんてどうでしょうか?

 

サノスが世界の半数を殺すという思考にいたったのは、過去に自分がいた星で起こったことが原因なのでそれを解決しちゃえば、サノスという化け物が産まれることはなかったと思います。 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!鳥本明でした!

 

感想コメントくれるとうれしいです!

 

またね~!! 

 

 

書いた人

名前:鳥本アキラ@マンガソムリエ

ツイッター:@akiratorimoto

インスタ: @akiratorimoto

ライン@:@kho0411a@もつけてid検索してください。