【12月9日まで】アマゾンの最大のセール対象品まとめました

【12月9日まで】サイバーマンデーキンドルマンガ60%オフセール

【ネタバレ】映画「ジョーカー」は人が狂うということを描いた意味のある作品です【感想、ツイートまとめ】

スケッチ ホアキン・フェニックス ジョーカー

引きずられると話題の映画「ジョーカー」を体調よかったので観てきました。

引きずられるというか、一生考えさせられる映画だと思いました。

この記事では、ジョーカーの感想、ツイッターの反応をまとめていきます。

 

 

  

【目次】

 

 

 

映画「ジョーカー」あらすじ

 

1980年代、財政難に陥り、人心の荒むゴッサムシティ。大道芸人のアーサー・フレックは、母ペニーの介護をしながら、自身もまた福祉センターでカウンセリングを受けながら毎日を過ごしていた。彼は、発作的に笑い出すという病気を患っていた。アーサーはコメディアンを目指していたが、なかなか機会に恵まれず、それどころか不良少年に仕事を邪魔されたことの責任を押し付けられるなど、報われない人生だった。

ある日アーサーは、大道芸人の派遣会社での同僚・ランドルから、護身用にと拳銃を借り受ける。だが、小児病棟での仕事中にそれを落としてしまったことが原因で、会社を解雇される。その帰り、アーサーは女性に絡んでいたウェイン産業の証券マンたちに暴行され、彼らを拳銃で射殺してしまう。現場から逃走したアーサーは、言い知れぬ高揚感に満たされる。しばらくすると、この事件は貧困層から富裕層への復讐として社会的に認知され、ゴッサムの街では、犯行当時のアーサーのメイクにインスパイアされた、ピエロの格好でのデモ活動が活発化していくことになる。一方で市の財政難により社会福祉プログラムが削減されてしまい、アーサーはカウンセリングを受けることができなくなってしまう。

ふとしたことから知り合った隣室の未亡人ソフィーと仲良くなったアーサーは、彼女を、コメディアンが夜毎ショーを行うバーへ案内し、初めてコメディアンとして人前に出る。発作で笑いだしながらも、アーサーはショーをやり遂げる。その晩、自宅へ戻ったアーサーは、母が、かつて家政婦として雇われていた実業家トーマス・ウェインへ宛てた手紙を読み、自分がトーマスの隠し子であることを知る。

真実を確かめにウェイン邸へ赴いたアーサーだが、トーマスの息子・ブルースと執事のアルフレッドには会うことができたものの、トーマスには会えなかった。失意のまま自宅へ戻ると、証券マンたちの殺人事件で調査に来た警察の訪問に驚いたペニーが脳卒中を起こし、救急車で運ばれるところだった。アーサーは、刑事たちの詰問を躱し、ペニーに付き添うようになる。そのとき、病室のテレビでマレー・フランクリンの番組が流れ、アーサーがバーで行なったショーの映像が流された。番組の中で「ジョーカー」と紹介されたアーサーは、自らの意図しないところで、一気に有名人となる。

アーサーはデモ活動が門前で起こるウェイン・ホールに侵入し、トーマスと対面する。トーマスは、ペニーの手紙はすべて出鱈目だと言い切り、アーサーはペニーの実子ではなく養子だと告げる。失意に暮れるアーサーはソフィーの家を訪ねるが、アーサーのことを見たソフィーは恐怖に怯える。今までのソフィーとの思い出は全てアーサーの妄想だったのだ。その後アーサーは州立病院へ赴き、ペニーの診断書を閲覧した。そこには確かに、ペニーが精神障害を患っていること、アーサーが養子であること、自身の障害はペニーの恋人による虐待によるものなどを示す書類が挟まれていた。最後に信じていた母親からも裏切られたことを知ったアーサーは、病室のペニーを窒息死させた。

ペニーの死は病死とされ、アーサーが自宅へ戻ると、マレーの番組担当者から、次のゲストとしての出演を依頼される。快諾したアーサーは、当日の流れを入念に練習し始める。そして収録当日、自宅に訪れたランドルを殺害したアーサーは、ピエロのメイクをし、テレビ局へ向かう。途中、アーサーを見張っていた刑事たちに追われるものの、デモ活動のピエロたちに紛れ、追跡を撒く。

劇場に到着し、楽屋で化粧を直すアーサーのところにマレーとディレクターがやってくる。番組の流れを説明する二人に「自分を本名ではなく、ジョーカーと紹介してほしい」とアーサーは頼む。そしてフランクリン・ショーの生放送が始まり、ジョーカーとしてアーサーが登壇する。始めはコメディアンとして振る舞っていたアーサーだが、話の流れの中、証券マンたちを殺したのは自分だと告白する。さらに、マレーが自分をテレビに出したのは笑いものにするためだと主張し、隠し持っていた拳銃でマレーを射殺。パニック状態になり逃げ出す観客らをよそに、テレビカメラの前でステップを踏むアーサー。カメラに向かいジョークのオチを言おうとしたところで番組が終了し、駆け付けた警察に逮捕された。

アーサーの凶行が生放送されたゴッサムシティはデモが暴動と化し、街のあちこちで火の手が上がっていた。一家で映画「ゾロ」を鑑賞していたトーマスは、暴動を避けるために犯罪横丁とよばれる裏道へ家族を伴って逃げるが、それを観ていた暴徒により妻のマーサ共々射殺され、息子のブルースだけが生き残った。

逮捕されたアーサーだが、護送していたパトカーに救急車がつっこみ、暴徒によって救出される。意識を取り戻すと、パトカーのボンネットの上に立ち上がり、口から出た血で裂けた口のようなメイクをして踊るように暴徒たちを見下ろすのだった。

場面は変わり、病院で精神分析を受けるアーサーの姿が映される。精神分析医は「ジョークを思いついた」というアーサーに、それを言うように頼んだ。だが、アーサーは精神分析医に「あなたには理解できない」と言い放ち、断った。そして、アーサーが診察から抜け出し、血の付いた足跡を残しながら病院から脱走しようと試みるところで映画は終わる。

wikipediaより引用

 

 

 

 

 

 

 

鳥本明の感想

 

 

 

ツイッター見てみると、精神病の人は見ないほうがいいとのツイートがいくつかありました。

 

引きずられるの嫌な人は間違いなく見ないほうがいいですが、人は狂うということを認識しておくのはすごく大事なことのようにも思います。

 

ものすごく意味のある映画だと思っていて、どうすればジョーカーは救われたのだろうか?を考えるのは社会を作っていくなかで大事だと思います。

 

 

 

 

感想ツイートまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

鳥本明でした!

 

またね~!!

 

記事が気に入ったらシェアお願いします!

 

 

書いた人

名前:鳥本明@マンガソムリエ

ツイッター→@akiratorimoto

YouTube→3分以内でマンガ紹介するチャンネル

 note→ツイッターで言わない話