オンラインコミュニティ「鳥本情報発信研究所」について

【マンガソムリエが選ぶ】2019年印象に残ってる漫画ベスト3

今回は今年2019年に読んで、印象に残ったマンガベスト3を書いていきます。

今年もブログにしただけでも、100作品以上ありますが、その中で特に印象に残ったものを取り上げていきます。

 

 

  

【目次】

 

 

 

東島丹三郎は仮面ライダーになりたい

 

東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (1) (ヒーローズコミックス)

 

1巻は去年末に読みましたが、ハイテンションが極まってるヨクサル先生のマンガは最高ですね!

 

エアマスターから、さらにハイテンションをぎゅっとしたこの作品は、仮面ライダーに詳しくない僕でも最高に楽しかったです!

 

 

 

 

 

 

アスペル・カノジョ

 

アスペル・カノジョ(1) (コミックDAYSコミックス)

 

 

去年の一番にも選んだ作品です。

 

アスペルガーのカノジョと、同人作家のお話です。

 

 

www.torimotoakira.com

 

 

記事にもしましたが、読むのつらすぎて過呼吸になりましたw

 

今もっとも買い支えたい作品です。

 

 

 

 

 

 

終末のワルキューレ

終末のワルキューレ 1巻 (ゼノンコミックス)

 

神々が人間を滅ぼそうとするなか、人類vs神々の13人マッチで決めようという作品です。

 

これはよく考えたなぁって設定で、神の武器になれる女神が人間側につくので、人間側と神々のパワーバランスも合います。

 

話の展開もちょうどよくて、1巻くらいで1試合が終わります。

 

ネカフェでプッシュされてて読んだけど、超当たりでした!

 

ハイテンションバトル好きは、絶対読んだほうがいいです!

 

 

 

 

って感じで、2019年印象に残ったマンガは

 

  • 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい
  • アスペル・カノジョ
  • 終末のワルキューレ

 

でした!

 

来年もコツコツマンガ紹介していくので、よろしくおねがいします!

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

鳥本明でした!

 

またね~!!

 

記事が気に入ったらシェアお願いします!

 

 

書いた人

名前:鳥本明@マンガソムリエ

ツイッター→@akiratorimoto

YouTube→3分以内でマンガ紹介するチャンネル

 note→ツイッターで言わない話