オンラインコミュニティ「鳥本情報発信研究所」について

4万冊読んだ人が語る、どうやって面白いマンガを探すのか?

面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた →そしたら人生観変わった

 

ひとりではカバーしきれないくらい増えたマンガ、今回はどうやって面白いマンガを探すかについて書いていきます。

 

  

【目次】

 

 

 

有名な賞の受賞作品をチェックする

 

ツイッターにトレンドに上がることも多くなり、有名になってきたマンガの賞の受賞作品は、外れることがなく面白い作品を探すには有効だと思います。

 

しっかりとした作品を読みたいときは、受賞作品を選ぶといいと思います。

 

 

webとコミックに分かれて、投票してもらう、「次にくるマンガ大賞」

次にくるマンガ大賞 2020

 

 

雑誌にもなる「このマンガがすごい」

このマンガがすごい!WEB

 

 

 

 

 

趣味の合う人の紹介してるものから読む

 

ぼくが一番信頼している面白いマンガの情報源は、県外に住んでいるお兄ちゃんです。

 

ぼくの好きなマンガベスト3に入っている「真説・ザ・・ワールド・イズ・マイン」も兄に教えていただきました。

 

趣味が合う人の紹介は経験上、ほぼ外れがないので、必ずチェックするようにしてます。

 

 

 

ツイッターでいうと、マンガサービスの「アル」をやっている起業家の、けんすうさんの紹介するマンガも面白いです。

 

けんすうさんのツイッター

https://twitter.com/kensuu

 

 

ぼくはYoutubeで3分以内でマンガ紹介しているので、よかったら覗いてみてください!

マンガソムリエ鳥本明の3分マンガ紹介 - YouTube

 

 

 

 

 

自分で探す

 

自分で探すというのも、マンガの楽しみ方の1つだと思います。

 

ジャンプなどの週刊誌を読んで、気になったものを1巻から追っていくのも楽しいですし、本屋さんでジャケ買いするのも知らない世界が読めて楽しいです!

 

 

今だと、ネットで無料公開されているものが多いので、それで試し読みしてから買うという方法もおすすめです!

 

 

 

 

 

話題作品を読むというのも1つの楽しみ方としていいと思っていて、話題作品だと読んでいる人が多いので「○○読んだ?」っていう会話の糸口になります。

 

今だと、マンガ好きであればチェンソーマンの話をすると楽しいと思います。

 

 

ある種、コミュニケーションツールとしてのマンガが面白い気がしてきています。

 

ぼくの妻はネット連載のマンガが好きで読むのですが、ぼくに紹介するときはすごく好きになったものだけ紹介するので、面白いものが多いですし、妻がこれを面白いと思うんだって考えて読むのも面白いです。 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

鳥本明でした!

 

またね~!!

 

 

書いた人

名前:鳥本明@マンガソムリエ

ツイッター→@akiratorimoto

YouTube→3分以内でマンガ紹介するチャンネル