オンラインコミュニティ「鳥本情報発信研究所」について

【書評】「あゆみんとスー」福島動物大家族の本を読んでみた感想【キンドルアンリミテッド対象】

あゆみんとスー

坂上どうぶつ王国でお馴染みの、福島動物大家族の本がキンドルアンリミテッド対象になっていたので読んでみました。

テレビでは知れなかったことがいっぱいあって面白かったです。 

 

 

  

【目次】

 

 

 

「あゆみんとスー」はこういう本

 

 自給自足の物々交換ライフ♪
時短とは無縁の手間ひまかかる暮らし

徳島県の山深い集落に、家族6人が
犬、猫、にわとり、ヤギと暮らしながら
自然農法で野菜を作り
野生動物を捕獲して
命を食べ、命を育む日常の
夏から春までの1年間のものがたり

あゆみんとスー | 廣川あゆみ, 廣川進 | 暮らし・健康・子育て | Kindleストア | Amazon

 

 

 

 

 

「あゆみんとスー」で面白かったところ

 

福島動物大家族はテレビでやってると録画して見るくらい好きなんですが、害獣を何十頭って年間捕っていたり、スーさんが針や柔整の資格を持っていることが初めてわかりました。

 

食べ物に関する考えなど、一般的な考えとは違う考えが知れて面白かったです。

 

「便利な生活はどこかでしわ寄せがくる」、という言葉は当たっている気がして、自分が食べるものや使っている道具など、もっとちゃんと知ろうと思いました。

 

 

 

 

 

「あゆみんとスー」はこういう人におすすめ

 

 田舎生活、自給自足、物々交換などに興味がある人は、とても楽しめる本だと思います。

 

 

 

 

 

ご購入は下記リンクよりどうぞ(キンドルアンリミテッド対象なので無料体験でも読めます)

 

 

 

あゆみんとスー

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめです!

 

www.torimotoakira.com

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

鳥本明でした!

 

書いた人

名前:鳥本明@うつ病ブロガー

ツイッター→@akiratorimoto

YouTube→うつ病や生きやすくなる考え方について話してます