アマゾンミュージックの無料体験で500ポイントゲットする

タトゥーへの憧れと怖さについて

タトゥーシール 総絵柄数 138点 防水 TATTOO 30枚セット Pellfolia 蝶 3D ちょうちょ ハート 桜 楔 004

 

街を歩いてると、タトゥーをしてる人がすごい多いことに気づいた。

 

昔はサーファーとか少し悪そうな人が多かったと思うけど、今はすごくいろいろな人が入れている。

 

今回は、そんなタトゥーについての憧れと怖さについて書いていきます。

 

 

  

【目次】

 

 

 

タトゥーの怖さについて

 

 

タトゥーは綺麗だが怖さがあるように思う。

 

なんといっても、描いたら消せないって性質がそもそも怖いと思う。

 

 

昔ツイッターで見た、ヘマしたら変なタトゥーを入れられるってツイートで余計に怖くなってる気もする(背中にキャラ物とか辛すぎる。。)

 

また、どうしても暴力的な人たちの文化(?)のようなイメージもある。

 

 

 

タトゥーへの憧れについて

 

怖さとは逆に、憧れも感じている。

 

昔からタトゥー雑誌を見るのが好きで、タトゥーの説明を読むのが特に好きだった。

 

 

死んだ人の思い出の代わりに入れるってのは、すごく意味があるように思いました。

 

 

描いたら消せないという性質だからこその、覚悟のようなものに美しさを感じます。

 

 

 

 

もしタトゥーを入れるなら?

 

たまに妻と「タトゥー入れるなら何を入れる?」っていうテーマで会話します。

 

 

何回もしてきたのですが、最近のぼくは、家族それぞれをテーマにしたタトゥーって答えてます。

 

妻も娘も、絵にできる名前なので、それを彫るのはアリかもなぁなんて考えてます。

 

 

 

実際は、ピアスも開けられないくらい痛いの苦手なので、彫らない可能性が高いですが、タトゥーへの憧れと怖さはずっとあるんだろうなぁって思います。

 

 

おすすめ書籍

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

記事が気に入ったらシェアしてくれるとうれしいです。

 

 

こちらの記事もおすすめです

 

【スッキリ】心がモヤモヤしてるときはポエムを書こう!【気持ちが楽になる】 - トリモトグ

 

【期待しないほうが楽だけど】他人に期待してしまうなかで気をつけておきたいこと【コントロールしようとしない】 - トリモトグ

 

【すぐできる】幸せが「ある」と思うと幸せで、幸せでは「ない」と思うと不幸になる【幸福論】 - トリモトグ

 

 

書いた人

名前:鳥本明@うつ病ブロガー

ツイッター→@akiratorimoto

note→note

YouTube→3分書評チャンネル