アマゾンミュージックの無料体験で500ポイントゲットする

【書評】ラッバー輪入道自伝「俺はやる」の感想【最高に熱かったです】

俺はやる


ラッバーの輪入道さんの自伝「俺はやる」の感想を書いていきます。

最高に熱かったです。

 

  

【目次】

 

 

 

人生が書かれている


小学校のときのいじめから、ラップとの出会い、やっちゃいけないこと、ダンジョンのモンスターの話など、輪入道さんの半生が書かれています。

 

昔から、本を読んでいたのもあるし、ラッパーとして磨いてきた言葉は、リズムがよくすごく読みやすかったです。

 

 

 

文字で読むラップが面白い

 

後半に、いくつかラップバトルの説明があるのですが、文字で読むと韻の踏んでるところがわかりやすくて面白かったです。

 

他のラッパーの紹介のところも、その人たちのすごさが伝わってきました。

 

 

 

 

人の人生からはいろんなことが学べる

 

個人的には、輪入道さんの両親との話が勉強になりました。

 

自伝を読むのが好きなんですが、その人の生きてきた中であったことから勉強できることはいっぱいあると思います。

 

 

この本を読むと、「俺はやる」の歌詞の意味がわかってすごかったです。

 

youtu.be

 

 

 

レッドブルのもおすすめ

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

書籍購入は下記リンクからどうぞ

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

 

【書評】「しょぼい起業で生きていく 持続発展編」の感想【リアルな話が満載】 - トリモトグ

 

【書評】2021年1月に本棚に置いていた本を紹介していく - トリモトグ

 

「0円SNS副業の始め方」というkindleを出しました - トリモトグ

 

 

書いた人

名前:鳥本明@うつ病ブロガー

ツイッター→@akiratorimoto

note→note

YouTube→3分書評チャンネル